推進会議規約について

“ふくしま荒川ミュージアム”推進会議規約

(英文名:Association of Fukushima Arakawa Museum)

                   

(名  称)

第1条    本会は、ふくしま荒川ミュージアム”推進会議と称する。

(目  的)

第2条  本会は、荒川とその沿川地域をフィールドとして、そこに点在する歴史的な治水・砂防施設、地域の風習や文化、豊かな自然等の各種資源を、地域の治水・砂防、生活・文化・歴史、自然を物語る題材・史料として捉え、これに関連する調査及び研究並びに教育等の事業等を行うことにより、貴重な地域財産である荒川流域の資源の保存及び活用を図ることを目的とする。

(活  動)

第3条    本会は、前条の目的を達成するため、次の各号に掲げる事項を行う。

(1)荒川流域の魅力・資源に関する調査、研究、教育

(2)荒川流域の資源の発掘と文化財登録への提言

(3)荒川流域の魅力・資源に関する情報の交換、発信

(4)荒川流域の魅力・資源の特徴を人々に伝える人材の育成

(5)荒川流域の豊かな自然環境や歴史的治水砂防施設、沿川の既往施設の利活用 と保全

(6)荒川流域の治水・砂防等の文化や技術の継承

(7)荒川の魅力を堪能するための利用者サービスの提供

(8)荒川流域及び沿川で活動している人々及び各種団体のネットワーク構築

(9)荒川流域の魅力・資源を利用するための基盤づくり

10)他のフィールドミュージアムとの交流

11)その他、本会の目的を達成するために必要な事業

(会  員)

第4条    本会の会員は、本会の目的に賛同する個人、地域団体、企業等を正会員とする。正会員の資格は別途定める。
2 正会員とは別に賛助会員を設ける。賛助会員の資格は、行政機関等の公的機関を原則とする。

(役  員)

第5条    本会に次の役員を置く。

(1) 代表幹事 5名以上

(2) 監査役  2名

(役員の選任及び任期)

第6条    役員は総会においてり選任する。

2.役員の任期は1期2年とする。ただし、補欠により就任した役員の任期は、前任者の残任期間とし、再任を妨げない。

 

(役員の職務)

7条 代表幹事は代表幹事会を構成し、会務を統括、執行する。

2 代表幹事会は本会を代表する。

3 監査役は、会計及び会務執行を監査し、代表幹事会に出席し意見を述べることができる。

(総会)

第8条    本会の総会は、通常総会及び臨時総会の2種とする。

2 通常総会は、毎年1回開催する。

3 臨時総会は、代表幹事会が必要と認める場合に、臨時に開催することができる。

4 総会は、代表幹事会が招集し、下記の次の事項を審議する。

       (1)事業年度計画及び事業報告に関する事項

       (2)予算及び決算に関する事項

       (3)規約の改廃に関する事項

       (4)その他必要な事項

5 総会は出席者をもって成立する。

6 総会の議決は、出席者の過半数をもって決定する。

(代表幹事会)

第9条    代表幹事会は、代表幹事の発議により開催する。

 2.代表幹事会は、次の事項を審議する。

   (1)総会の議決した事項の執行に関すること

(2)総会に付議すべき事項

(3)その他総会の議決を要さない会務の執行に関する事項

(評議会)

10条    本会に評議会を置き、評議員をもって構成する。

2 評議員は、代表幹事会の諮問にこたえるほか、本会の運営に関し代表幹事会に対して指導、助言する。

3 評議員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

4 評議員は学識経験者等を基本とした5名以内とし、会員に限らない。

5 評議員は、代表幹事会が選定し、総会で承認する。

6 評議会は、代表幹事会からの要請、または評議員の発議により開催する。

7 評議会の議長は、評議員の互選による。

8 この条に定めるもののほか、評議会の運営について必要な事項は、代表幹事会が 別に定める。

(組 織)

11条    本会の活動を効率的かつ効果的に実施するため、組織内に部会を置く。

2.各部会には部会長を置き、部会員の互選により選任する。

3.部会長は、必要に応じて逐次部員を招集することができる。

 

(事務局)

12条   本会の事務を処理するため、事務局を置く。事務局は次に掲げる事務を担当し、これを処理する。

    (1)総会に関すること

       (2)会務の執行に関すること

       (3)予算の執行・管理に関すること

       (4)利用者窓口に関すること

    (5)その他緊急を要すること

(経  費)

13条    本会の経費は、会費、寄付金、その他の収入をもって充てる。

(事業及び会計年度)

14条   
この会の事業及び会計年度は、毎年6月1日より翌年5月31日までとする。

(委  任)

15条    この規約に定めるもののほか、必要な事項は代表幹事会が別に定める。

 

 

 この規約は、平成20年6月21日から施行する。

 

“ふくしま荒川ミュージアム”推進会議規約

会員の役割分担と会費、寄附(募金)取扱要綱

(会員の資格と役割分担)

第1条   “ふくしま荒川ミュージアム”推進会議規約「以下規約と称する」第4条          に基づく会員の資格とその役割については、概ね次のとおりとする。
 (1)個人資格の会員は、個人会員とし、本会の目的達成のため、時間と労力と知識を、“ふくしま荒川ミュージアム”のために提供する。
 (2)地域活動団体、企業等の会員は、機関会員とし、組織や企業が本会の目的達成のため、それぞれのもつ知識と機能を活動等を通じ、“ふくしま荒川ミュージアム”を支援する。
 (3)学校、行政機関などの賛助会員は、本会の目的達成のため、組織の活動を通じ、他の団体との連携を図りながら、“ふくしま荒川ミュージアム”を支援する。

(経  費)

第2条    規約第13条による経費は下記収入をもって運営費として充当する。

       (1)個人会員    会費一口以上    1,000円以上

       (2)機関会員    会費一口以上   10,000円以上

       (3)賛助会員    会費を徴収しない。

       (4)助 成 金    本会の目的達成のための助成金

       (5)寄附金等    本会の目的達成のため、資金の一部として善意の寄附                      金をお願いすることができる。

(委  任)

第3条    この要綱に定めるものの他、本会の目的達成上、必要な事項は別に定める。

附 則  この要綱は平成20年6月21日より施行する。

TOP

自然

歴史

観光・レク 健康・スポーツ