TOP

自然

歴史

観光・レク 健康・スポーツ

1.“ふくしま荒川ミュージアム推進会議設立主旨

荒川では、昨年10月23日に「荒川流域の歴史的治水砂防事業」が土木学会の選奨土木遺産に認定され、また昨年12月7日には、本川の砂防堰堤9基が登録有形文化財として文部科学大臣に答申され、これら9施設が国の文化財として登録されました。

また荒川には、上述の歴史的治水・砂防施設のみならず、周辺の豊かな自然環境に由来する日本一の清流という側面もあり、その自然環境も実に素晴らしいものです。また古来より沿川の生活や暮らしを支えてきた荒川は、現在は市民の憩いの場、地域社会の催事・行事の場として、県都・福島の“ふるさとの川”として、多くの市民に親しまれています。

このように荒川流域には、豊かな自然、地域の生活と結びついた治水・砂防の歴史、沿川の生活・文化、沿川の各種観光・スポーツ施設など、実に多種多彩な魅力が凝縮され、さらこれら魅力が多くの市民に親しまれています。

そこで荒川とその沿川地域をフィールドとして、そこに点在する歴史的な治水・砂防施設、地域の風習や文化、豊かな自然等の各種資源を、地域の治水・砂防、生活・文化・歴史、自然を物語る題材・史料として捉え、これに関連する調査及び研究並びに教育等の事業等を行うことにより、貴重な地域財産である荒川流域の資源の保存及び活用を図ることを目的として、ふくしま荒川ミュージアム推進会議を設立するものです。

2.“ふくしま荒川ミュージアム推進会議の事業

(1)荒川流域の魅力・資源に関する調査、研究、教育

(2)荒川流域の資源の発掘と文化財登録への提言

(3)荒川流域の魅力・資源に関する情報の交換、発信

(4)荒川流域の魅力・資源の特徴を人々に伝える人材の育成

(5)荒川流域の豊かな自然環境や歴史的治水砂防施設、沿川の既往施設の利活用と保全

(6)荒川流域の治水・砂防等の文化や技術の継承

(7)荒川の魅力を堪能するための利用者サービスの提供

(8)荒川流域及び沿川で活動している人々及び各種団体のネットワーク構築

(9)荒川流域の魅力・資源を利用するための基盤づくり

10)他のフィールドミュージアムとの交流

11)その他、本会の目的を達成するために必要な事業

3.“ふくしま荒川ミュージアム推進会議の組織体制

本会は、参加組織の中から本会の代表者を複数名選出し、その集団指導体制の下に運営を行う代表幹事制とします。荒川流域の様々な魅力を活かした多様な活動を展開していくというミュージアムの活動の方向性と、個別の組織・団体の連絡調整を図るという本会議の性格を考慮すると、より柔軟で緩やかな組織体制である「A代表幹事制」の方が望ましいものと考えられます。また複数の代表者の合議制という性格を有する「A代表幹事制」とすることで、継続的な組織の新陳代謝と新たな活動展開の可能性がより明確に担保され得るものと考えます。

なお、評議員によって構成される評議会を設けることで、より会の運営を透明化するとともに、バランスのとれた運営を目指すこととします。

事務局は、総合的な窓口を四季の里の福島観光開発()に置きます。
   観光レクリエーションは、土湯温泉観光協会

  自然・環境は、ふるさとの川荒川づくり協議会

  歴史・文化は、民家園・市の文化課

  健康・スポーツは、都市公園緑化協会

 それぞれ担当し、各分野の情報のとりまとめを行います。行政連絡会議の窓口は、福島市の河川課に置きます。なお、組織イメージは、図に示すとおりとしますが、当面はできる体制で臨みます。