TOP

自然

歴史

観光・レク 健康・スポーツ
2008年6月30日15時38分更新

ふくしま荒川ミュージアム絵図

 新 着 情 報  

ふくしま荒川案内人養成講座を開催
         申込締切8月29日(金)にせまる

9月6日,四季の里において「ふくしま荒川案内人養成講座」を開催します。全日程は9月6日を含め9/13、9/20、9/27、10/4日の5日間です。講座の内容は、荒川を訪れる県内外の方々に対し、荒川流域全般の自然、歴史、植生、環境の魅力を紹介できる案内人を養成する講座です。

詳しい案内資料(PDF)<2008/08/20>










8
月13日〜18日に企画展を開催します

企画展を福信ギャラリーにおいて(8/13〜18日)に開催します。テーマは、
1.荒川の歴史と自然  
2.土木遺産(砂防施設、霞堤、水防林)植生(樹木と野草)
3.水生生物、昆虫、鳥
です。皆様のご来場ををお待ちしております。

“ふくしま荒川ミュージアム”推進会議 開催

“ふくしま荒川ミュージアム”推進会の設立総会が平成20年6月21日、吉井田学習センターで開催された。総会では、議規約や平成20年度活動計画、予算案の承認、役員選出等が協議されました。<2008/06/21>

荒川の歴史的砂防施設が国の文化審議会から答申されました
国の文化審議会は、荒川第四床固工など6件を登録有形文化財(建造物)に登録するように文部科学大臣に答申しました。<2008/06/20>

「荒川大学の開催
ミュージアムとしたの荒川の価値とこれからの利用を考える「荒川大学」を平成20年2月11日に福島テルサにて開催しました。<2008/02/11>








荒川の砂防堰堤9基が登録有形文化財に登録
荒川では、昨年10月23日に「荒川流域の歴史的治水砂防事業」が土木学会の選奨土木遺産に認定され、また昨年12月7日には、本川の砂防堰堤9基が登録有形文化財として文部科学大臣に答申され、これら9施設が国の文化財として登録されました。
<2007/12/07>










ふくしま荒川ミュージアム
とは
参加会員・協賛団体の募集
イベント情報
今年度の活動方針
推進会議事務局
お問い合わせ
リンク

このホームページは、経済産業省平成20年度地域資源∞全国展開プロジェクト 「“ふくしま荒川ミュージアム“地域再発見・プロモーション事業によって運営しています。